破綻に向かう国家財政

国の借金が来年度末には973兆円に拡大し、国民1人あたりの借金が763万円となる見込みである。これは、旧自民党政権の金権腐敗政治が招いた結末なのですが、その尻拭いのために奔走する新民主党政権に対し、自らの政治責任を新政権に転嫁し糾弾しようとするモラルなき自民党には落胆するばかりである。自民党は、古き政権時代の怨霊にとりつかれ政権奪還に奔走するが、それよりも自らが招いた国家破綻の危機を党派を超えて取り組む人間性ある政治姿勢を国民に示してほしいものである。そのためにも自民党は、派閥政治を超えた優秀な若手議員の登用が無ければ国民は理解を示さないでしょう。

 

小沢問題は、確かに鳩山新政権にとっては大きな痛手ではありますが、政権が続く限り、腐敗した国家システムの浄化のために政治生命を掛けて全力投入して頂きたい。