混迷する政局

新年早々、藤井財務大臣が辞任した。体調不良を理由としているが、それが本意ではなく、小沢民主党幹事長との確執が原因のようだ。後任に官副総理が兼任するが、これで鳩山政権は実質上、小沢政権に牛耳られることになるでしょう。しかし水面下では小沢崩しも暗躍しているので、政局は益々泥沼に突入するでしょう。

 

官副総理も今まで持て余していた国家戦略室を仙谷行政刷新相に兼任させることになるが、これで国家戦略局も実質機能不在となるのであるが、長期展望からみれば、これも必然であるように思う。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。