● UPCの活動経過

地球連邦構想の2015年版をアップしました。 

インドネシアを基点に構想した2015年版の概要となっております。

ぜひ、ご覧ください。

 

2015年末にはアセアン経済共同体(AEC)が始動したことを受け現地も活気付いています。
現地母体と人々が中心となり、小さくとも各地域の環境、人々の民族性、文化などに合った持続可能なコミュニティモデルを着実につくるためのサポートに尽力してまいります。また、未来型の技術を使った事業プランの提案など、子供たちに自信をもって繋ぐことのできる自然と共存することをテーマにした事業の創出にも貢献していく所存です。

 

今後ともよろしくお願いいたします。


※コミュニティの基本ビジョンは、インドネシアプロジェクトの企画概要をご参照ください。

 

地球連邦構想の概要

Download    PDFファイル(3.7MB) 

 

インドネシア・プロジェクトに向けた視察と検討会議(2013年11月~)

日本の優れた技術やノウハウを途上国の人づくりと国づくりに貢献する最初のプロジェクトとなるインドネシアプロジェクトを開始するために、UPCジャパンスタッフ3名による10日間の現地視察を行いました。そして2014年はUPCインドネシアスタッフとの定期検討会議を重ね、2015年春からインドネシア・プロジェクトをスタートさせる計画です。

 

インドネシアプロジェクト企画概要

「東北復興プロジェクトの継続支援 (2013年10月~)

「東北復興祭2013in陸前高田」の開催を契機に東北復興プロジェクト(東北復興応援隊)の活動を継続支援することを決定しました。9月22日の「東北復興祭2013in陸前高田」には全国から100名を越えるボランティアスタッフ、そして地元住民約2千人が参加する復興祭となりました。当日の様子は、地元マスコミで大きく報道されました。

 

東北復興祭2013in陸前高田への支援開始(2013年2月~)

2013に行われるマザーガイア・サミットは、東北大震災の被災地、陸前高田市で行う企画となりました。名称は、「東北復興祭2013in陸前高田」とし、9月21-22日に開催の予定となりました。公式FBはこちらです。

「東北復興祭2013in陸前高田」の開催に向けて5月から現地陸前高田の視察ツアーの定期開催支援を決定し、各地からボランティアを募集して連絡事務所の設置を始め、復興祭の開催に向けて現地に実行委員会編成のために事務局員を派遣しました。

お見舞いとお悔やみ(2011年3月15日)

この度の東日本大震災で被災された皆様へ、謹んでお見舞い申し上げます。

また犠牲になられた数多くの皆様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

英語ページを追加しました。(2010年4月20日)

「UPCのビジョン」と「東アジア共同体と地球連邦」の英訳ページができました。

 

「UPCのビジョン」

「東アジア共同体と地球連邦」

マザーガイア・サミット2009への提言(2009年11月28-29日)

自然との調和・自然回帰による人間性の回復をめざして、今年もマザーガイア・サミット2009in吉備・瀬戸内が11月28-29日に岡山県で開催されました。当法人から中村代表理事が挨拶を致しました。挨拶文は、こちらです。 

 

今回のマザーガイア・サミット2009 in 吉備・瀬戸内は、研修スタイルで開催され、各地から新しい村おこし、町おこし、国おこしに関わる皆様方が50名ほど参加し、有意義な会議となりました。 尚、マザーガイアサミットについては、こちらをご覧ください。

 


2009年11月11日、一般社団法人地球平和協議会を設立登記しました。